ヘルペスにも種類がありますが、一度感染してしまいますと再発する可能性があります。何度も再発を繰り返さないためにも、ヘルペスに感染したら完全に治るまで治療を続けましょう。当サイトではヘルペスに関してお伝えしていきます。

ヘルペスと鼻血の感染症法を知ろう

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスによる感染症のことです。感染初期の段階では、体のどこにでも感染してしまい、一度感染すると、生涯知覚神経系に潜伏してしまいます。自分が感染したか否かは、初期段階の状態でしることができます。まず、感染した後、1週間を目途に感染部位が赤くはれていきます。それに伴い、発熱や倦怠感も自覚症状として現れてきます。この段階では、単なる風邪であると勘違いしてしまうことがあります。乳児である場合には、口内炎が引き起こされる可能性があります。アトピーを持っている場合には、顔中に水ぶくれができて広がってしまうことがあるため、注意が必要です。ヘルペスの特徴は、体にできる水痘にあります。治療法としては、感染症法というのがメジャーとなってきています。放置していても自然に治癒することはありますが、たいていの場合は進行状況によって、どのような治療をするかは決まっており、比較的ひどい場合には抗ウイルス薬を服用するようになっています。また、完治しても再発することが多い場合には、バルトレックスという薬を服用することが多いです。感染症法を継続して行えば、たいていの場合症状は治ります。感染症法をしていく中で、鼻血が治まったと言うことも数例ですがあります。鼻血は放置しておくと、大変なことになることもあります。例えば、白血病などの病のサインであることもあります。鼻血は単発で発生することが多いですが、大量に出血したり、高頻度で発生するような場合には、注意が必要です。もちろん、生まれつきの体質で鼻血が出やすいこともありますが、重要なサインともなり得るため、頻繁に起こる場合には、病院へ行きましょう。