ヘルペスにも種類がありますが、一度感染してしまいますと再発する可能性があります。何度も再発を繰り返さないためにも、ヘルペスに感染したら完全に治るまで治療を続けましょう。当サイトではヘルペスに関してお伝えしていきます。

再発を繰り返さないためのヘルペス治療

ヘルペスは感染症の一種で、ウイルスを保有している人と接触するなどでウイルスが感染し、唇や性器などの皮膚に水ぶくれ・発疹などの症状を引き起こします。人間に感染するヘルペスウイルスは約8種類存在する事が確認されていて、口唇ヘルペスなどに代表される、小さな水ぶくれの症状を発現させるウイルスは単純ヘルペスウイルスと呼ばれ、最も多く人間への感染が広がっています。
単純ヘルペスウイルスは感染すると神経節に棲みつき、風邪などの病気や疲れや精神的疲労で身体の免疫力が下がった時に神経を通って皮膚や粘膜へと活動範囲を広げ、症状を引き起こします。
再発を繰り返さないためには、生活習慣に気をつけるのが大切で、栄養バランスの取れた食事をとる事を心がけましょう。特に免疫力を高める効果のあるビタミンAやC、ビタミンB1やB6を含んだ食事を積極的にとると効果的です。また、疲労やストレスをうまく解消していく事で再発を防げます。
単純ヘルペスウイルスによる症状は、患部を清潔に保っていれば、通常1週間から2週間程度で自然治癒します。しかし、重症化したり頻繁に再発を繰り返すと、患部にあとが残る可能性もあるため、皮膚科などの病院で医師の診察を受ける事をおすすめします。
ヘルペスは早めに適切な処置を取れば、症状の広がりを抑えながら回復を早める事ができます。使われるのは抗ウイルス薬で、内服薬や外用薬、点滴などが存在します。ウイルスは神経細胞内に潜んでいるため、基本的に内服薬でウイルスの増殖を抑える事が重要です。特に内服薬は、症状の前兆が現れた段階で服用すると、早期回復に役立つだけでなく、神経節に戻るウイルス量を減らすので、再発しにくくする事に繋がります。