ヘルペスにも種類がありますが、一度感染してしまいますと再発する可能性があります。何度も再発を繰り返さないためにも、ヘルペスに感染したら完全に治るまで治療を続けましょう。当サイトではヘルペスに関してお伝えしていきます。

女性のヘルペスは即日で検査することが出来る

女性の性行為によるヘルペスの検査は即日で行うことができます。即日の検査をするときであっても費用は1万円もかからないため、性行為をして患部に違和感があったときなどはすぐに検査をしてもらうことが大切です。
基本的に、ヘルペスの検査は男性であっても女性であっても目視でわかるときがあります。目で見て確認することができる場合には即日どころか5分もかからない内に診断をしてもらうことも可能です。もちろん、詳しい検査をするために唾液や血液検査をすることもありますが、ヘルペスの女性の症状は他の性病と比べても特徴的なので、それほど難しい検査はしませんし痛い検査をするわけでもありません。
一般的に、性行為によって生じた性器ヘルペスでは患部が水ぶくれをおこしたり傷がただれると言った症状が見られます。潜伏期間を経過して症状が表に出てくるようになると排尿時に酷い痛みを伴うようになり、発熱をすることもあります。それと同時に足の付け根あたりに存在するリンパ節に腫れが見られるようになります。外陰やおしりに斑点や傷が見られることが普通で、放置して症状が悪化すると子宮内や膀胱にまで感染が拡大することもあるため症状がわかった段階で適切な処理を行わなくてはいけません。
また、ヘルペスの面倒な点はきちんとウイルスを死滅させないと再発をしてしまうという点です。基本的に、ヘルペスを患った人の成人女性の約8割もの人がヘルペスの再発を経験しています。繰り返し性行為を行ったり、仕事上の過労やストレスによって身体の免疫機能に影響が出始めると性病に対する体性が低くなるので再発しやすくなってしまうのです。初感染したときよりかは早く治りますが、早急に治療をした方が良いことに変わりはありません。